サンタさんに来てほしい人! You’d better…

サンタさんに来てほしい人! gifts are coming behave

サンタさんに来てほしい人! この歌をよく聴いてくださいね(笑)。

You’d better watch out!

You’d better not cry!

You’d better not pout. I’m telling you why.

Santa Clause is coming to town…

みんなに親しまれているクリスマスの歌の一つです。

 

サンタさんに来てほしい人!

この場合、サンタさんにプレゼントを持ってきて欲しかったら

態度とか行動に「気をつけなさい」= 「いい子にしなさい 」という意味です。

皆さんに馴染みのある

Be careful.

も「気をつけなさい」ですが、

You’d better watch out.

は身体的に「気をつけなさい」より、態度などに「気をつけなさい」と言う感じです。

怒りとかもやもや、心配などの感情も入っていて、ある意味、脅しになったりもします。

サンタさんに来てほしい人! write a letter to santa

例えば、

車がすごいスピードで走ってきてきたら、

Be careful! 

でも…

誰かの悪口を言っている人に(言わない方がいいよ。自分に被ってくるかもしれないよ。気をつけないと…などと警告するためには)、

You’d better watch out.  

口答えばかりするティーンエージャーに (そんな態度はいつまでも許されないと伝えたい時)

You’d better watch out.  

少し脅し的な意味合いが入っています。

もちろん “Be careful.” も皮肉まじりで、上記の “You’d better watch out” の代わりに使えないことはありません。

ただ、もう少し真面目に率直に気持ちを伝えたい時や、警告として使いたい場合は

You’d better watch out.

がしっくりきます。

実践タイム

歌を丸々覚えるのも英語を学ぶ良い方法です…が!

私は、学んだ単語やフレーズでそく「考える・使う」という方法をお勧めしています!

状況を想像したり、何かが実際に起こった時に頭の中で単語やフレーズを思い浮かべる。

または口頭に出していってみる。

特に、感情がはいると人間の学ぶ力はアップするそうです!

ということで感情を込めれば込めるほど、­言語は自分のものになりやすいです。

目を見張らせていれば、いろいろな状況に使えることがわかってきます!

状況 例1)

・通勤中の電車の中で態度の悪い男性がいた…

He’d better watch out…

「あーあ。あんなこと続けてたら痛い目に合うんだから…」と言うような意味合いで。

状況 例2)

・子供が、行きたがっていた出先で駄々をこねはじめる。

You’d better watch out…

「言っとくけど、もう絶対連れてこないからね!」と言うような意味合いで。

状況 例3)

・偽物のブランド品を売りつけられた。

I’d better watch out…

「騙されないように気をつけなきゃ!」と言う意味合い。

 

生活の中にこのフレーズを使う機会はいっぱいあります!

自分のものになるまで、何度も使ってみてください。

 

さあ、サンタさんに来てほしい人!

We’d better watch out and behave!

Let’s be nice (not naughty) and let’s enjoy Christmas!

waiting patiently サンタさんに来てほしい人!

プレゼント 〜 Que emoción!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA