アヒル肉 をフライパンで美味しく焼くコツ

今日は アヒル肉 (ダックミート)をフライパンで美味しく焼くコツを紹介します!

本日のランチメニューはこちら:

  • ダックミートのフライパン焼き
  • 栗のチャトニー
  • いろいろキノコの焼きごはん
  • 炒めインゲン
  • ワイン:Ribera del Duero (リベラ・デル・ドゥエロ)

はい、そして今日は金曜、まだ週日。

でもお昼にワイン

そして、いちばん重要なのは…

料理しながらも飲むこと(笑)でしょうか?

今日はアヒル肉が手に入ったのでちょっとこだわりランチに。

フライパンで美味しく焼くコツはないでしょうか?

焼き方を失敗したくないので、検索して良いサイトをみつけました。

こちら記載のコツを日本語に訳して紹介します!

アヒル肉 のフライパン焼き

ざっと要点をまとめると、

  1. 肉を冷蔵庫からだす。(室温に戻すため)
  2. 皮に格子状になるように斜めに切れ目を入れる。
  3. 塩を両側にふり、15分から45分間待つ。(大きさによって置く時間が変わる)
  4. キッチンペーパーで水分を取る。
  5. オイルをフライパンに入れて皮を下にして肉を置く
  6. 重要:大きめの脂肪分の多いアヒル肉の場合、脂肪分を十分に出すため、
    フライパンを予熱しません!
  7. 普通サイズの肉は、オイルを1分ほど加熱してから皮を下にして焼く。
  8. 中火〜強火の間くらいで焼く。
  9. トングなどを使って、30−60秒ほど肉をフライパンに押し付けて、
    表面が均等に焼けるようにする。
  10. 調理時間の目安:
    大きさ皮の面の焼き時間火加減
    3分ほど強火
    3−5分ほど中火―強火
    5−8分ほど中火―強火
    特大10−12分中火弱
  11. 反対側は皮の方の焼き時間の4分の3が目安。
    (例えば皮の方を8分焼く場合、反対側は6分ほど)
  12. ジュウジュウという音が少しおさまったら裏返す。
  13. 重要:焼けた皮の面に塩をふる!
    (塩が余分な油を吸い取り、
    皮をカリカリにします)
  14. 厚みのある肉は横も焼く。(30−90秒ほど)
  15. 焼き終わって取り出した肉は皮を上に向けて休ませる。
    (肉汁が流れてしまうのですぐにナイフを入れない)

このような感じです。これに沿って調理したところ、皮がパリパリで中がミディアム・レアの

なんともジューシーで美味しいアヒル肉のフライパン焼きが出来上がりました!

栗チャトニー

他のレシピのために、たまたま栗が冷凍庫にありました。

栗のソースはとてもダックミートに合うので挑戦。

皮が剥きやすいとのことで栗を冷凍庫に入れてあったのですが、本当でした!

栗を湯がいて渋皮もとり、刻んでフードプロセッサーにいれ…

といいたかったのですがそんな素敵なものはうちにはないです。(笑)

普段はピューレなどを作る場合は手で濾してますが、

今日はお腹が空きすぎているので、ブレンダーでやってみることにしました。

栗を熱したバターにサッと潜らせ、ちょっと鶏ガラスープと

焼いている時に出たアヒル肉の油を少々加えてブレンド。

塩と胡椒だけで栗の甘さを引き立てます。

ところが、やっぱりブレンダーではペースト状にできず、チャトニー状態になってしまいました!

でも味は最高。

ほんのりの甘みがアヒル肉にあいそうです。

いろいろキノコの焼きごはん

私の料理はレシピを見るより、ほとんどインスピレーションでやります。

創作料理という感じです。

そして超シンプル。

今日のアイデアはアヒル肉の味を最後まで楽しむための、

いろんな種類のきのこを入れた焼きごはん。

肉を焼いた後のフライパンにバターを少々とニンニクのみじん切りを加え、

きのこを炒めます。

味付けは塩と胡椒だけ。

炊いてあったご飯を加えて少しカリカリのお焦げができるようにちょっと強めの中火で炒めます。

これまた、肉の濃厚な味がぎっしり詰まってたまらなく美味しいです。

炒めインゲン

オリーブオイルと塩・胡椒で炒め、おしまい。

簡単すぎ!

ポイントはフレンチカット風にすることぐらいでしょうか?

そして炒めすぎないこと。

パリパリ感があるのが好きです。

ワイン 

今日はいつも行くスーパーで買うお買い得の Ribera del Duero

(リベラ・デル・ドゥエロ)にします。

値段は5ユーロちょっと。日本円では700円しません。

ダックミートとお互いの味を引き立てます。よく買うワインのうちの一本です。

今日は開けませんが、もう一つのお気に入りTierra Alta (ティエラ・アルタ)の

グラン・レゼルバはもっとお得。3ユーロしません。

350円以下! 激安です。

グラン・レゼルバは熟成期間が長いので味に深みがあり、わたしは大好きです。

食感の面からも楽しいランチとなりました。

アヒル肉 をフライパンで美味しく焼くコツで、

中はジューシーで柔らかく、皮はパリパリに。

優しい甘さの栗はほっくり。

ゴハンのふんわり感とお焦げのコントラスト。

インゲンのパリパリとした新鮮さ。

幸せな美味しい瞬間、ありがたいかぎりです。

今日もごちそうさまでした!

お昼にワイン のある暮らし

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村「海外ブログランキング」に参加中。ご購読ありがとうございます!


「生き方ランキング」に参加中。少しでもお役に立ちましたらクリックお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA