セビージャ 3 月、現在状況報告。

セビージャ 3 月14日。

コロナのパンデミックが始まってから今日でちょうど1年。

現在状況を報告したいと思います。

先週 土曜からスーパーや食品店以外のお店やバルが夜9時半まで開くことになりました。

お天気が続き、春の兆しが感じられるセビージャでみんなが待ち望んでいた瞬間です!

私たちのジムもまたやっとリオープンしました。

実はこれで「閉まって開いて」が3回目?😅

筋トレ大好きマリード(旦那)くんまた燃えます! 💪🏽💪🏽💪🏽

待ってました!

もちろんマスク着用の義務はいまだにあり。

セントロも人がいっぱい。でもちゃんとマスクしてます。

シンデレラ・タイム(笑)は夜10時。

夜間外出禁止時間が朝6時までと前と変わらず続くことになりました。

でもバルなど夜9時半まで開店許可が出たので、みんなギリギリまで粘ります。

6時から9時半に延びたこの3時間半は本当に大きい!

セビージャには「バル命」の人が多いです(笑)。

お天気がいいのでアラメダもすごい人。みんなタペアールや飲み物を楽しんでいます。

一つのテーブル(メサ)には最高六人までが一緒に座れるようになりました。

変更があった土曜の前は四人だったので嬉しい限りです。

ただ、な〜んとなくだんだん六人以上に人数が増えてしまうのがさすがの小さい街セビージャ。

知り合いが多いと大変です(汗)。

今週はお天気続きなので、毎日どこも人でいっぱい。

アラメダもすごい人気で、バルもどこもいっぱいです。

マスク着用と言っても、外席などではみんなマスクフリーです。

(本当はダメらしいけど、食べたり飲んだりするからしょうがないですよね〜汗。)

仕事・フラメンコ

まだ3月ですが、日中は日差しが暑いぐらいなのでジャケットの下は半袖。

タブラオなどはまだ閉まっています。

ペーニャでのメンバーの集まりはありますが、オンライン発信以外のライブはないです。

テアトロでのショーもあることはありますが、人数制限がいまだにあります。

「国境が開かないとタブラオを開ける意味がない」と友達のタブラオ・オーナーは言っています。

ツアーの仕事をしてる友達は、今は旅行ツアーなどバーチャルでカメラを使い、オンラインで発信しているそう。

やっぱり国境がしまっているのでスペイン在住を認められている人以外はスペインに旅行はまだ無理です(涙)。

スペイン内の各都市の間の行き来にもまだ制限があります。

フラメンコのクラスはメジャーなアカデミアでポツポツとあります。

私たちも2月の半ばからスタジオでのフラメンコ・クラスを再開しました

でもオンライン・クラスも続けています。

セビージャ 3 月 ワクチン状況

ワクチン接種はただいま第1段階(エタパ1)第2段階(エタパ2)に入っています。

なんとアラフィフはこの第2段階(エタパ2)、2月から6月の間にワクチンを受けられるようです。

と言ってもうちのお義父・義母さん達70歳以上にまだ順番が回ってきていないのでまだまだ先は長そうですが。

ただ外国人とか関係なく、スペイン在住であれば順番は歳の順。

そして年齢で受けられるワクチンのタイプが決まっている!

45〜55歳はAstraZeneca(アストラ・ゼネカ)。

56歳以上はPfizer/BioNTech または Modernaのワクチン。

45歳以下の方は第3段階(エタパ3)までお待ちを。

6月以降だそうです。

パンデミックが始まって今まで、風邪すらひきませんでした。

このままワクチン接種からコロナ収束まで、みんな健康でいられるといいです。

日本からもスペインに来たい人がいっぱいだと思います。

私たちも早く旅したい!

いろんな国を行き来できるようになるまでもうちょっと我慢ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村「スペイン情報ブログランキング」に参加中。ご購読ありがとうございます!


「スペイン(海外生活・情報)ランキング」に参加中。少しでもお役に立ちましたらクリックしていただけると嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA