子豚のかまど焼き・食べミニ遠征

子豚のかまど焼き を食べにミニ遠征しました。

目的地はかまど焼きで有名な

El Fogón De Segovia (エル・フォゴン・デ・セゴビア)✨

セビージャ市から北に30分ほどのところにある街、Burguillo (ブルギージョにあります。

マリードくんがずーっと行きたい行きたいと言っていた場所。

彼のお誕生日の前祝い〜というのを言い訳に家族と一緒に出発しました。

ちなみにCochinillo (コチニージョ子豚と cordero (コルデーロ子羊のかまど焼きローストは事前に予約が必要。

Segovia (セゴビアのスタイルで調理されいるそうです。

セゴビアのスタイルって?

薪を使ったかまどで満遍なく焼いた子豚の丸焼き。豚の油を塗って焼いていくので、皮はパリパリ。受け皿にお水を張って蒸気でも調理されるので中は柔らかくなるそう。そしてそれをお皿でたたき切る、面白いセゴビア・スタイルの伝統もあります。そしてその最後はそのお皿を放り投げて割る…これもセゴビアの伝統なのです(しかしなんでやねん?🤔)

マリードくん
昔むか〜し、あるセゴビアのレストランのシェフが焼き上がった子豚を切ろうと思ったら包丁がそばになくて、ヤケクソでお皿で切って出したらお客にとっても喜ばれたとさ。そしてまたある時、手が滑ってお皿が落ちて割れたらこれまたお客が盛り上がったとさ〜。チャンチャン👏🏼👏🏼👏🏼

ノリでできた伝統 😅だったんですね。

今では結婚式などの特別なお祝いの場で、お皿技が出るそうです。

わたくし
わたくしは切ってあるのを食べるのはいいけど姿を見るのはちょっとね〜😓

外にも席がありましたが、今日は店内で食べることに。


店内の雰囲気が素敵。


このかまどはただのデコレーション?😅奥に本物のかまどがあるよう。

まずは Entrantes (エントランテアペタイザーを頼みました。


Mollejas de Cordero (モジェハス・デ・コルデーロ


Morcilla Segovia (モルシージャ・セゴビア

お次はメインの 子豚のかまど焼き 登場。

子羊もほとんど同じタイミングで出してくれました。


ワインはやっぱりRibera del Duero(リベラ・デル・ドゥエロ)〜 私のお気に入り✨


お肉は柔らかくてジューシー。皮パリパリがたまらない〜🤤

すぐお腹がいっぱいになってしまいました。

が、postre (ポストレデザートは入るところが違います😆


お義母さんと義妹が喜んだ、Polea (ポレア)季節限定のデザート✨


このチョコレートケーキはちょっと乾いてました 🙅🏻‍♀️


味、食感… Mmmmmm こちらは合格 💮 お誕生日のロウソクもつけてくれました😁

ご馳走さまでした〜

30分ドライブして行った甲斐あり。

ちょっと遠征だけど、また 子豚のかまど焼き 食べにいこう〜😋

➡️  El Fogón de Segovia ✨ 35 Avda Alcalde Jose Cuesta Godoy, 41220 Burguillos

スペイン バル 巡り 便利な単語 徹底解説!(食べ物編)

スペインバル 巡り 単語58個 一覧表(食べ物編)

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村「スペイン情報ブログランキング」に参加中。ご購読&クリックありがとうございます!


「スペイン(海外生活・情報)ランキング」に参加中。ご購読&クリックありがとうございます!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA